一般歯科・小児歯科

虫歯のない健康な歯に~一般歯科~

虫歯のない健康な歯に~一般歯科~

「歯が痛い」「冷たいものがしみる」などの症状があるにもかかわらず、そのまま放置していたりしませんか? 虫歯は風邪や小さな傷などとは違い、自然に治ることはありません。高槻市歯医者「おんだ歯科医院」では、虫歯の段階に合わせた適切な治療を行います。「虫歯かな?」と思ったら、お早めに当院までご相談ください。

虫歯の原因

虫歯の原因

虫歯は、歯の表面に付着したプラーク(歯垢)が原因で起こる病気。プラークに含まれる細菌が、食べかすに含まれる糖分を栄養にして酸をつくり出し、歯を溶かしていきます。初期段階では痛みなどの自覚症状がないため発症が分からず、気が付いたときにはかなり進行していた、ということもあります。歯の神経まで虫歯菌に侵されてしまうと、最悪の場合、抜歯が必要になるケースもありますので、できるだけ早い治療が求められるのです。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

CO(ごく初期段階)

CO(ごく初期段階)
  • 歯の表面が白濁する
  • 痛みはまだない
適切なブラッシングを心がけ、フッ素塗布などの予防処置で再石灰化を促すことで改善することがあります

C1(エナメル質の虫歯)

C1(エナメル質の虫歯)
  • 歯の表面のエナメル質が溶け始める
  • 歯の艶がなくなり黒ずんでくる
  • 痛みはほとんどない
再石灰化による改善は期待できません。虫歯に侵された部分を削り、詰め物を入れて治療します。

C2(象牙質の虫歯)

C2(象牙質の虫歯)
  • 虫歯菌がエナメル質の下層の象牙質に達した状態
  • 冷たいもの、甘いものがしみる
  • 噛んだときに痛む
麻酔をしたのち患部を削り、詰め物をします。患部の穴が大きい場合は、型取りをしたのち、詰め物・被せ物で保護します。

C3(神経の虫歯)

C3(神経の虫歯)
  • 歯に大きな穴が空く
  • 虫歯菌が歯の神経に達しており、何もしなくても激しく痛む
虫歯菌に感染した神経を除去し、歯根に薬剤を詰める「根管治療」を行います。

C4(歯根の虫歯)

C4(歯根の虫歯)
  • 歯の神経が壊死した状態
  • 一時的に痛みがなくなるが、炎症を起こすと再び激痛が生じる
多くの場合、抜歯が必要です。入れ歯治療インプラント治療で歯の機能を回復させます。

根管治療

根管治療

虫歯菌が歯の神経まで達してしまった場合、従来では抜歯をするしかありませんでした。しかし近年では、神経まで達した場合でも抜歯をせずに済む「根管治療」が行われるようになりました。根管治療は、虫歯菌に感染した歯の内部の神経や血管を取り除いて隅々まで洗浄・消毒したうえ、薬剤を詰めて、最後に被せ物をする治療法です。

歯の内部である根管は狭く、かつ複雑な形状をしているため、非常に高度な技術が要求されます。おんだ歯科医院では、最新の機器を用いて安全な根管治療を心がけています。どうぞ、安心してお任せください。

お子様の歯を守る~小児歯科~

お子様の歯を守る~小児歯科~

お子様の乳歯は、大人の永久歯に比べて歯質が弱く、虫歯への抵抗力があまりありません。そのため大人以上にお口のケアに気を配る必要がありますが、中には「乳歯はそのうち永久歯に生えかわるから」といって、あまりお子様のお口のケアに気を配っていない親御様もいらっしゃるようです。ところが、それは大きな間違い。乳歯の虫歯を放置すれば、お口の中で虫歯菌が繁殖し、あとから生えてくる永久歯も虫歯になりやすくなってしまうのです。

健全な歯の成長は、乳歯の状態によって左右されると言っても過言ではありません。高槻市の歯医者「おんだ歯科医院」の小児歯科では、お子様の虫歯予防を中心とした診療をご提供しています。お子様の歯を守るため、早い段階からの予防に努めましょう。

おんだ歯科医院の小児歯科メニュー

予防処置

フッ素塗布

フッ素塗布
歯の表面に、歯質の強化や歯の再石灰化を促す働きがある「フッ素」を塗布することで、虫歯になりにくい歯をつくります。ごく初期の虫歯であれば、フッ素塗布で症状が改善することもあります。

シーラント

シーラント
奥歯には細かく複雑な溝があり、磨き残しの原因になり、虫歯につながってしまいます。シーラントは、この溝を歯科用プラスチックで埋める処置。溝を塞ぐことでブラッシングがしやすくなり、虫歯を防ぐことができます。
ブラッシング指導

ブラッシング指導

小さいお子様は、自分で完ぺきにブラッシングすることができないため、親御様によるブラッシング、あるいは仕上げ磨きが大変重要です。当院では、親御様に向けたブラッシング指導を行っています。適切なブラッシングでお子様のお口の健康を守りましょう。

ブラッシングのワンポイントメモ
  • 歯ブラシは、柄がまっすぐで毛足が短くコンパクトなものを使いましょう
  • 歯を傷めないよう、粒子の細かい歯磨き粉を使いましょう。フッ素やキシリトール入りのものがオススメです
  • 歯磨き粉の量は、1歳まではゴマ1粒分、2歳で2粒分、3歳でお子様の爪くらいの量を目安にしましょう
  • 泡立ちすぎるのを防ぐため、歯ブラシには水を付けないようにしましょう
  • 歯磨き粉は歯ブラシの毛に埋めるように付け、少しずつ溶け出すようにしましょう
  • ブラッシング時の姿勢は、授乳時は腕で抱くように、2歳以上なら正座した親御様に膝枕させるような姿勢か、向かい合って立った姿勢で行いましょう